避妊効果以外にもメリットのある「ピル」

トリキュラーは、卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)のはたらきによって、避妊効果を期待することのできる低用量ピルです。
エチニルエストラジオールとレボノルゲストレルが脳下垂体に働きかけ、卵胞刺激ホルモンと黄体化ホルモンの分泌を抑えることで、卵胞の成熟を一時的に止め、排卵を起こさないようにします。
その結果、高い避妊効果が期待できるのです。

トリキュラーには避妊効果以外にも様々なメリットがあります。

(その1)生理不順を調整することができます。排卵の時期をコントロールできるようになるため、月経の時期が不安定な人でも、最も理想的な28日周期で生理が来るようになるのです。
(その2)その副作用を利用して、重度のPMS(月経前症候群)の症状がやわらげたり、重い生理痛や倦怠感、イライラした気分などから解放されたりします。
(その3)経血の減少による貧血防止、ホルモンバランス由来の吹き出物改善、子宮内膜症の治療、卵巣がん・子宮体がん・乳房良性疾患など婦人科系の病気の予防、骨粗しょう症・関節リウマチの予防などの効果が挙げられます。

トリキュラーには21錠タイプと28錠タイプがあります。
21錠タイプは全ての錠剤に二種類のホルモンが含まれており、生理が来ている7日間を除いた21日間で飲み切ります。
一方28錠タイプは、全ての錠剤のうち7錠が偽薬(避妊効果のないただの錠剤)となっており、生理が来ている期間も含めて毎日飲み続けます。
これによって生理終了後の飲み忘れや、日数の数え間違いを防ぐのです。
どちらのタイプを服用しても効果は同じです。
こうした便利なピル 通販で気軽に購入することができます